ビオレZ,/Itonididae782452.html,さらっと快適ジェル,<花王>,574円,trendtechgroup.net,ベルガモットサボンの香り,90ml,美容・コスメ・香水 , ボディケア , デオドラント・制汗剤 , デオドラント・制汗ジェル ビオレZ,/Itonididae782452.html,さらっと快適ジェル,<花王>,574円,trendtechgroup.net,ベルガモットサボンの香り,90ml,美容・コスメ・香水 , ボディケア , デオドラント・制汗剤 , デオドラント・制汗ジェル 574円 <花王> ビオレZ さらっと快適ジェル ベルガモットサボンの香り 90ml 美容・コスメ・香水 ボディケア デオドラント・制汗剤 デオドラント・制汗ジェル 花王 ビオレZ さらっと快適ジェル 90ml 価格 ベルガモットサボンの香り 574円 <花王> ビオレZ さらっと快適ジェル ベルガモットサボンの香り 90ml 美容・コスメ・香水 ボディケア デオドラント・制汗剤 デオドラント・制汗ジェル 花王 ビオレZ さらっと快適ジェル 90ml 価格 ベルガモットサボンの香り

花王 ビオレZ さらっと快適ジェル 爆買い送料無料 90ml 価格 ベルガモットサボンの香り

<花王> ビオレZ さらっと快適ジェル ベルガモットサボンの香り 90ml

574円

<花王> ビオレZ さらっと快適ジェル ベルガモットサボンの香り 90ml







商品説明

汗を止めるのではなく乾かし続けて肌さらさら!
全身にさっと塗れる
なめらか肌に(保湿成分*配合)
ペタつきがちな太もも・胸元・首まわりに塗るだけ汗ペタ0へ!

汗蒸発 持続型ドライメッシュ技術
止めたくても汗は止められない
汗を止めずに乾かすという独自発想。
ドライパウダー(基剤)を含む蒸発膜が汗を乾かし続けて、肌ずーっとさらさら。
汗によるハリつき感気にならない 肌にしっかり密着し汗をかいても落ちにくい

汗ムレ臭気にならない(リフレッシュ香料配合)
すっきり成分(清涼剤)配合(メントール)
*保湿成分配合(ヒアルロン酸・BG)

表示成分
<成分>
水、エタノール、ジメチコン、(メタクリル酸ラウリル/メタクリル酸Na)クロスポリマー、シリカ、イソセテス-20、ミネラルオイル、BG、グリセリン、ポリシリコーン-9、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C1-18)/アルキル(C1-8)アクリルアミド)コポリマーAMP、PEG-60水添ヒマシ油、ラウレス-6、トロメタミン、チョウジエキス、メントール、ヒアルロン酸Na、AMP、EDTA-2Na、o-シメン-5-オール、フェノキシエタノール、香料

用法・用量/使用方法
<使用方法>
●適量を手に取り、肌になじませます。キャップ周辺にパウダーが付いた場合はきれいにふき取ってください。
●ご使用後はカチッと音がなるまでキャップを閉めてください。
●ご使用後は必ず手を洗ってください。手が滑りやすくなったり、触れたものが白くなることがあります。
●乾いたあと衣服を着てください。
●つけた後の肌が衣服、かばん、車のシート等にふれると、パウダーがついたり、濃い色では白くなることがありますのでご注意ください。
●衣服について白くなった場合は、洗剤でていねいにつまみ洗いをしてください。
●床に垂れた場合はすぐにふき取ってください。

メーカーコメント
1.全身に塗りやすい伸びの良いジェル
2.肌をさらっと快適に保つドライパウダー高配合

メーカー:花王
原産国:日本
区分:化粧品

<花王> ビオレZ さらっと快適ジェル ベルガモットサボンの香り 90ml

エディターズチョイス

作家Sorokin:概念主義のマスター

ウラジミール・ソロキンはその本が出版後に熱い議論を引き起こした作家です。 さらに、論争は彼らの意見の排他性を主張する文芸評論家の間だけでなく、「青脂肪」または「ノルマ」によって幾分落胆するかもしれない一般市民の間でも起こる。 そのソロキン氏は彼と残酷な冗談を言いました: "Going Together"は彼の本をトイレに降ろすために集会を開きました。 行動の後、何人かのプロテスタントは創作者の家に行き、彼に窓に刑務所のバーを掛けるように頼んだ。 伝記の要素 ウラジミール・ソロキンの教育(1977年、彼は石油ガス研究所を卒業)は、文学や芸術とは関係がありません。 確かに、彼は自分の専門分野で働いたことは一度もありませんでしたが、グラフィックに携わっていました。 ソロキンは、作家として80年代にKGBの興味をそそる小説「The Queue」を海外で出版しました。 彼はいくつかの小説、1ダースの演劇、映画の脚本の作者です。 Sots Art 現代の作家であるSorokinは、幼児としての彼の評判に加えて、概念主義の修士号、あるいは彼の最も衝撃的で贅沢な分野であるソーシャルアートという称号を受けました。 この名前は、70年代前半にアーティストKomarとMelamidによって提案されました。 ソーシャルアートの主なアイデアは、ソビエト連邦の時代には歴史的、政治的に特定の意

興味深い記事

推奨されます

人気の投稿